普通救命講習会


12月19日(木) 1学年全員を対象とした普通救命講習を開催しました。遠田消防署の方を講師にお招きし、救命の心肺蘇生法からAEDの利用まで、グループに分かれ実技を行いました。





救急救命の講習を受けて

 12月19日、遠田消防署の方々にお越しいただき、一年生を対象とした救急救命の講習を行いました。心臓マッサージやAEDの使い方などでした。心臓マッサージは、速さが大事で、一分間に100回のテンポでするそうです。実際に体験してみて、思ったよりも力が必要でとても大変でした。AEDは初体験でしたが、(機械が)次の行動をしっかりと言ってくれるおかげで、スムーズに行うことができました。中学校でやったことのある人もいましたが、ほとんどの人が初体験で貴重な体験をさせていただきました。 
 今回の講習を受けて、人を助けるためには勇気をだして一歩前に無味出すことが大切だと学びました。もし、そういう場に直面した時、怖いと思わず、一歩踏み出し、この講習で学んだことを生かして少しでも生きる希望を与えられるようにしたいです。消防士の方には、このような場面でも動揺することなく適切な処置ができて「すごい」と思います。これも日々の訓練の賜物だと思いました。たくさんのことが勉強でき、有意義な時間を過ごすことができました。

1年 曽根 綾香(田尻中出身)