県庁にて読み聞かせボランティアの活動を発表


 1月25日(土) 県教委主催の「みやぎ子ども読書活動推進ネットワークフォーラム」が県庁で開催され、「子どもと本の架け橋ひろば」と題したポスターセッションの中で、本校で行っている読み聞かせボランティアの様子について発表の機会をいただきました。内容は7月から8月にかけて、校内外の講師の先生方に本の読み方の講習を受け、地域のみなさんと一緒にボランティアとして涌谷町内の幼稚園・保育園を訪問した取組みについてです。
 取組みの様子を写真や、読み聞かせの実演をとおして紹介をしました。参加者からは、「涌高ふれあい隊」の活動内容はどのようなものか?読み聞かせで活用した絵本や手遊びの道具はどのようなものか?多くの質問を寄せていただきました。
 涌谷高校生も他の参加団体のブースを見学させていただき、手作り絵本や組み木細工を活用した物語など様々な取り組みを学んだり、熱心に活動されているみなさんとの交流をすることができました。

涌高ブースでの読み聞かせ実演

ステージでの手遊び実演

日頃のボランティア活動について説明しました。

ステージでの絵本読み聞かせ実演